【スポンサーリンク】

【5号機の思い出】麻雀格闘倶楽部「レア役の引きが重要!昇龍チャレンジ」【最初麻雀かくとうくらぶと呼んでたのは内緒】

f:id:usiusi111:20200531091931j:plain

おはようございます

 

前回の記事も沢山の方に見てもらえて嬉しかったです!

4桁上乗せを初めて味わった思い出の機種ですのでなかなか長くなってしまいました;;

 

まだまだ自粛中なので思い出を書いていきます

5号機の思い出「麻雀格闘倶楽部」

f:id:usiusi111:20200531091942j:plain

麻雀格闘倶楽部は、2014年にKPEから発売されました

 

アーケードゲーム麻雀格闘倶楽部とのタイアップ機ですね

 

本機はARTのみで出玉を増やしていくタイプなのですが、しっかり麻雀打ってます!!!『どこかの3姉妹とは大違い;;』

 

勝つために必死に修行している主人公は、カッコいいです!!!

 

通常時は、リプレイで手役を完成させて行きレア役でアガルというシンプルなゲーム性なのですが、リプレイが引けなくて聴牌すらせずに終了なんてことがざらに有るのも・・・

 

通常の対局の他にドラゴンルーレット特訓ステージなどCZ的な役割のステージも存在しましたね

 

ずっと俺のツモなんて言うとんでもないものも有りました

 

ART中も対局が熱くプロ雀士に勝てれば上がり役に応じて上乗せされるシステムは、よく考えてありますね

 

ここから思い出

この台を打ち出した切っ掛けは、まあKPEだからだったのですが、初打ちの日にフリーズを引いたことが一番の思い出ですね

 

まあGODと同じ確率なのでそんなにレアな物でも無いんですが、国士無双のダブル役満だったおかげで320Gもの大量ゲーム数がもらえたのでかなりテンション上がりましたね『親でダブルなら480Gスタートなんですが引いたことありません!』

 

昇龍チャレンジで(8ゲーム続くチャンスゾーンで進むにつれて手役がアップします)役満の時にレア役を引いた時も最高です!

 

当時通っていたホールは、100Gぐらいで止めてある台が多かったので座りやすかったのでよく打ってたのも有ります(1回目のチャンスは、150Gまで回さなければいけないので)

 

120Gぐらいで座ったら対面に二階堂姉妹が座ってたのはビックリしましたが;;

 

5周期でのチャンスなので早いうちに終わってることも有りましたが、背景を覚えておけばコインを入れた時点で確認できるので良かったですね

 

悪かった点を挙げるとこの台は純増が2枚で最低ゲーム数が40Gとなっていますので増えない;;

 

その上5周期まで回さないといけないので追加投資でドンドンお金が減って行きますよね

 

当たりは引けてるのに総投資が・・・なんてことが良くありました

最後に

リアルな麻雀を題材にしてる台は、他にも雀龍桜花なんて物も有りましたね(こちらもKPEから発売されました)

 

実在する麻雀プロが出てくるのは、どちらも同じでしたが、麻雀格闘倶楽部の方が導入も多くよく打ってました

 

2・3と続いていくこのシリーズなのですが、もう打てなくなった今でも初代が一番好きです!!!

 

今回はこんな所で終わります

 

面白かったと思ってもらえたらクリックお願いします!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

次もよろしくお願いします